どうして肌は乾燥してしまうのか?

まつげ美容液ルミガン・ケアプロストを
格安価格で通販する方法!

まつげ美容液ルミガンやケアプロストに関する情報はもちろんのこと、美容全般に関するお役立ち情報コラムを発信しています。ルミガン・ケアプロストに関する情報と併せ、皆様の美しさのためにお役立てください。

どうして肌は乾燥してしまうのか?


乾燥肌


多くの人が悩んでいる乾燥肌。しかしながらその乾燥肌のメカニズムを理解している人は少ないのではないでしょうか?

正しく理解しないまま乾燥肌対策を進めても効率のいい対策はできません。まずは肌が乾燥するメカニズムについて正しく理解してから対策を行っていくのが効率的です。

そもそも乾燥肌とはどういった状態のことをいうのでしょう。漠然と肌が乾燥しているというあいまいな定義ではなく、実は数値化された定義があります。

肌表面の角層部分の水分値が20%以上ある状態が健康な肌で、それ以下になった肌の状態を乾燥肌といいます。角層というのは、角質細胞が何層にも積み重なり形成されています。この角質細胞同士を結びつける役割をしているのが、細胞間脂質といわれるもので、これが肌のうるおいを守る重要な成分となってます。この成分が多いと肌は潤った状態を保つことができ、少なくなると肌が乾燥してしまいます。

そして、細胞間脂質の重要な構成要素には、セラミドがあり、セラミド分子の間に水の分子がはさみ込まれています。このセラミドに挟まれた水分子は、湿度0%になっても蒸発しないため肌が水分を保った状態を維持できます。そのため、冬の乾燥した状態でも肌はうるおいを保った状態をキープできるのです。

角層のセラミドは、加齢と伴に減少していきます。そのため、年を取ると乾燥肌になる人の割合が増えていきます。

さらに、加齢以外でも、強い力でゴシゴシと洗顔したり、界面活性剤を多く含むリキッドなども角層のセラミド奪ってしまいます。

乾燥肌を改善するには、正しいコスメ用品でやさしく正しいスキンケアを行い、セラミドが配合されている美容液を使い、角層へのセラミドを補ってあげましょう。

セラミド配合の美容液を選ぶ際には、いくつかポイントがあります。セラミド配合といっても本物のセラミドと疑似セラミドがあります。疑似セラミドは本物のセラミドと似た構造を持っていますが、実際には別物であり、保湿効果も本物のセラミドに劣ります。※疑似セラミドが肌に悪いわけではありません。

本物と疑似セラミドを見分ける区別は、成分表示を見て、「セラミド2」や「セラミド3」などのセラミドの後に数字が記載されていれば本物のセラミドということになります。2や3以外の数字(6や10など)の場合もありますが、2や3の場合の方が効果は高いでしょう。

疑似セラミドよりも本物のセラミドが配合されている方が価格は高くなりますが、その分保湿効果も上がりますので、乾燥肌対策をする場合自分の肌状態にあった適切なコスメを選択して効果的な対策を行いましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ルミガンについて ケアプロストについて ラティースについて